WEB STORE

All about ELLE TERESA / MUSICIAN

MOUSSY STUDIOWEAR
アクティブウェアって生地がテロンテロンなやつが多いけど、〈マウジー スタジオウェア〉は生地がしっかりしてて、普段も着られそう。サイドにラスタカラーのテープが貼られたショートパンツがかわいかった!
DANCE
実家がダンススタジオだったんですよ。それで5歳の時に始めました。学校も真面目に通ってなかったし、本当にダンスしかやってなかった。
Yuskey Carter
ダンスだと自分がメインになりにくいのかなって思ったから、ずっと続けるつもりはなかったんです。17歳の時にユースケ(Yuskey Carter)さんに会って「ラッパーになれば?」と誘われて、「じゃあやってみようかな」って。
HIP HOP
「ラッパーになりたい!」という強い想いがあったわけでもないから日本のヒップホップにはほとんど興味なかったし、当時よく聴いていたアーティストも特にいないんです(笑)。あと、それまでは海外のフィメール・ラッパーも、あえて男の人と同じように振舞っていた人が多かったんですよ。「なんで男に寄せないといけないんだろう?」って思ってた。でも、ニッキー・ミナージュとかイギー・アゼリアのような女であることを売りにしたラッパーが出てきて、「これだったらいいかもしれない」となんとなく感じたのは覚えています。
ELLE TERESA'S NAME
海外のラッパーって、○○○・○○○みたいな名前が多いじゃないですか? その音感にしたかった。私、本名がエルなんですよ。だから、エル・○○○。そしたらユースケさんが「お前テレサ(マリオブラザーズに登場するキャラクター)に似てんじゃん? それでよくね?」って言ってくれて、「あ、いいね」みたいな。
LYRICS
自分が普段使う言葉の中で書くようにしています。じゃないと違和感を感じちゃうんですよ。難しい言葉を使う人もいるけど、等身大じゃないと嘘くさい。書いてあることは基本的には自分が体験したことや感じたこと。私生活もそんな感じだから、リリックの内容がエルの私生活だと思ってもらえれば(笑)。こわいものないですもん、ぶっちゃけ。これまではポジティブな出来事を歌詞することが多かったんですけど、調子良くない時って誰にでもあるじゃないですか? だから最近はそういう気持ちの時も曲を作るようにしてます。そういえば、ちょっと前にプロボクサーの彼氏ができたんですよ! 「格闘家と付き合うのっておもしろそう!」と思って最初はワーって盛り上がったんですけど、全然合わなくて二週間で別れた。普段表に立っているのもあって、エルは出してるつもりがなくても自分自分になっちゃうのが合わなかったのかな…。良いこと悪いことどっちも含めて、これが初夏の思い出(笑)
RECORDING
つい最近ニューヨークとアトランタに行ってきたんです。アトランタに、向こうのラッパーがお金持ちになったら行く紅花っていう鉄板料理屋があるんですよ。よくリリックにも書かれているからずっと憧れてたんですけど、いざ行ってみたら全然日本料理じゃなかった…(笑)。でも、とにかくアトランタがやばくて! ダベイビーとかいろいろな人を担当してるプロデューサーとセッションしてその場で曲を作ってたんですけど、ビートが全然違う。日本はもちろん、ニューヨークと比べても。アトランタって音楽においては流行の発信地なので、それを肌で感じてきました。
NEW RECORD
ニューヨークとアトランタには、とりあえずスタジオに入りたいから行っただけなんですけど、10月にはロスにも行くから、そこで作った曲を合わせた中からいいものをピックして、アルバムにするのかな。あまり時間を空けちゃうと自分がすぐ飽きちゃうから、早くリリースしたいですね。この後も何人かビッグネームのフィーチャリングが決まりそうなんで、楽しみに待っていてもらえたら!

ELLE TERESA

MUSICIAN

1997年静岡県沼津市生まれ。アーティストのYuskey Carterに見出され、ラッパーとしての活動をスタート。2016年4月にリリースした1stミックステープ『Ignorant Tape』が大きな反響を呼び、ストリート・ファッション誌『WOOFIN’』の“2016's Freshman”に選出。続く2017年2月に発表した2ndミックステープ『PINK TRAP』においてトラップにフォーカスしたスタイルを確立し、ストリート・ヒットを記録。収録曲『Baby Tell Me Now』のMVがUSの老舗動画サイト「World Star Hip Hop」にピックアップされるなど、海外からも高い評価を受けた。2018年3月にデビュー・アルバム『KAWAII BUBBLY LOVELY』をリリース。先行シングル『ZOMBITCH』では、アトランタ在住の新鋭フィメールMC、Bali Babyをフィーチャリングするなど、トラップ最前線を捉えたコアな内容でシーンに衝撃を与えた。そして2019年7月、全16曲入りの2ndアルバム『KAWAII BUBBLY LOVERY II』を発表。前作のダーティなテンションに加え、レゲエやメロウな歌モノなど、より多彩なエル・テレサ ワールドが堪能できる内容となっている。ステージやMVで披露される日本人離れしたスタイルやキュートなルックスが話題となり、 『NYLON』や『ViVi』などのカルチャー誌や女性ファッション雑誌にも数多くとりあげられ“カワイイカルチャー”を体現するポップアイコンとしても注目を集める彼女。「女の子だってもっと 主張していい」。研ぎ澄まされた毒っ気や遊び心を忍ばせたリリックに乗せて、ポジティブな メッセージを放つエル・テレサが、新たな時代を担うフィメールアーティストとして台頭する日はもうすぐそこだ。

Instagram @elleteresa_

Instagram @westcarterinc

Twitter @ELLETERESA

Twitter @westcarterinc

2nd Album #KawaiiBubblyLovely2

Photography: Kento Mori
Hair & Make-up: Mika Iwata (mod’s hair)
Edit: Kenichiro Tatewaki